弁護士に相談する前にちょっと待って!その相談!

弁護士に相談する前に、まずは私達カウンセラーにご相談下さい

我々カウンセラーの目的は、「相談者にとって最良の解決方法を見つけ、幸せになっていただくこと」です。

弁護士に相談する場合は、あくまで法的な解決が前提となります。

もちろん、弁護士は代理人として配偶者との折衝も行うことができます。

しかし、弁護士は法律のプロですから、人間関係の修復や法的解決以外のことに関しては、なかなか受け付けてくれないのが現実です。

離婚はあくまで「あなたと配偶者の問題」です。

法律家に相談する前に、あなたが出来ること、しておいた方が良いこと、修復のコツなどを私達カウンセラーはアドバイスさせていただきます。

こんな方はカウンセラーへ
  • 別居中の相手と今後のことについて話し合いたいが、どうしたらいいのか
  • 離婚したいがなるべくお金はかけたくない
  • 養育費、財産分与、慰謝料などお金の話を穏便に話し合う方法を知りたい
  • 配偶者の浮気相手を許したが、自分の気持ちを整理できていない
  • 離婚することを子供にどう伝えていいかわからない
  • 調停のため、家庭裁判所まで付き添って欲しい
  • 自分は離婚する気がないが、相手から一方的に言われてる
  • 配偶者が浮気をしているようだ
  • 自分に好きな人ができたので悩んでいる
  • 修復したいが方法がわからない
  • 離婚は決めているが、損をしない方法を知りたい

その他どんな些細なことでもご相談に乗ることが可能です!

こんな方は法律家へ
  • 離婚条件定時書面を作りたい
  • 離婚調停が不調に終わったので、訴訟の準備をしたい
  • 慰謝料、財産分与などの条件で話し合いがつかず、相手ともめている
  • 公正証書を作成したい
  • DVの恐れがあるので、配偶者と関わりたくない

【参考】弁護士に相談・依頼する際にかかる費用

下記は一例です。詳細は弁護士にお問い合わせください

法律相談
  • 初回は30分ごとに5,000円から10,000円の範囲内の一定額
  • 以後30分ごとに5,000円から25,000円のの範囲内の一定額
離婚交渉
着手金及び報酬金として、それぞれ20万円から50万円の範囲内
調停
着手金及び報酬金として、それぞれ30万円から60万円の範囲内。調停事件から蘇峰事件として引き続き受任するときの着手金は、離婚訴訟事件の着手金の50%です。
訴訟
着手金及びは、それぞれ30万円から60万円の範囲内です。調停事件から蘇峰事件として引き続き受任するときの着手金は、離婚訴訟事件の着手金の50%です。

夫婦・家族問題コンテンツ一覧

  • 弁護士に相談する前に

    弁護士に相談する前に私達カウンセラーにご相談下さい。

  • 離婚を決断する前に

    決断前に注意することをがいくつかあります。

  • 離婚を決意した方

    離婚までに気を付けることとは?

  • 夫婦関係を修復したい

    夫婦の中を修復して幸せな家族に戻りたい。

  • 離婚を迷っている方

    もう一度、離婚のメリット・デメリットを考えてみましょう

離婚問題・夫婦問題・家族問題

HARUカウンセリングオフィス

ご予約・お問い合わせはTel : 03-3780-7850

メールアドレスinfo@haru-counseling.com

ご予約・ご相談受付時間10:00~22:00

ご予約は電話・ネットから可能です

〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山1317

東京メトロ銀座線・半蔵門線 都営地下鉄大江戸線 青山一丁目駅より徒歩3分